〒001-0014 札幌市北区北14条西3丁目1-12 北海道民医連会館1階

TEL 011-758-2648・€FAX 011-758-4666

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1
  1

いのちとくらしを守れ! 地域社保協が自治体に要請

 

投稿日 : 2020-09-13

 

地域社保協が、自治体や議会に対して新型コロナウイルス災害の対策など、いのちとくらしを守るための働きかけをしています。
〇釧路社保協が、市議会へ陳情
〇小樽社保協が、市に要望

ほっかいどうの社会保障 20200911

 

1
  1

緊急事態宣言解除後の6月も医療機関経営は深刻 いのち守るため、医療・検査体制の強化を

 

投稿日 : 2020-08-31

 

8月31日、道社保協と道医労連が行った医療経営アンケート
の結果と、求められる対策について記者発表しました。
その後、北海道に要望書も提出しました。

ほっかいどうの社会保障200831

北海道への要請書

 

1
  1

深刻な相談相次ぐ 雇用とくらしのSOSチカホ相談会 所持金3000円、当日生活保護申請した方も

 

投稿日 : 2020-08-13

 


雇用・くらし・SOSネットワーク北海道と反貧困ネット北海道は、811日、札幌地下歩行空間で、「雇用とくらしSOS 相談会」を行いました。弁護士、司法書士、医療ソーシャルワーカー、労働や生活、営業や子育ての専門家が相談に応じました。

相談者は23人、年齢は20代から70代と幅広く、相談内容は、生活費相談11件で全体の半数で、労働3件、法律3件、医療3件、心の相談2人、住宅1件でした。格差と貧困が広がる中、新型コロナウイルス災害も重なり、くらしが大変になっている相談が相次ぎました。

相談会では、道民のくらしに役立つハンドブックの「生活保護Q&A」などをポスターにして掲示しました。多くの方が注目しました。

ほっかいどう社会保障20200813ハンドブック申込書


 

1
  1

新型コロナウイルス感染拡大で介護崩壊を起こさないために札幌市へ要請

 

投稿日 : 2020-07-15

 

■介護に笑顔を!道連絡会が7月9日、札幌市に対して新型コロナウイルス感染拡大で 介護崩壊を起こさないため」の要請をしました。

〔要請項目〕

.介護事業所に必要なマスクや消毒液、ガウン等の衛生・防護用品の確保・供給を行うこと。

.介護事業所が倒産・廃業にならないよう、介護事業所への財政支援を講じられること。

.希望する介護従事者および利用者とその家族がPCR検査を受けられる体制を整備すること。

.人材を確保するため、介護従事者への手当を創設すること。

■国や北海道、札幌市への団体署名続々あつまる

ほっかいどうの社会保障200714


 

1
  1

新型コロナウイルス感染症対策の強化を 道議会で国への意見書など可決

 

投稿日 : 2020-07-04

 

■7月3日閉会した北海道議会で、新型コロナウイルス感染症対策について議論され、国への意見書などが採択されました。この間多くの団体が北海道や道議会会派へ要請していた内容が反映されています。

■8月の相談会のお知らせ
8月 8日(土)は全国いっせい電話相談、8月11日(火)はチカホで相談会を行います。

ほっかいどの社会保障200704

200703道議会意見書

 

1
  1

新型コロナウイルス災害を乗り越え、社会保障を充実させ、みんなしあわせになる社会へ

 

投稿日 : 2020-06-29

 

■6月27日 北海道社保協総会開く  深刻な実態やたたかいを交流

■医療現場、労働、中小企業、暮らしなどの分野から
「新型コロナウイルス災害の被害や取り組み」について特別報告

■今年の道社保学校は、函館で 11月15日(日)
オンラインで浜矩子さんが記念講演

ほっかいどうの社会保障200629

 

1
  1

新型コロナ減免制度 全額免除続々                                              国保料(税)減免の収入減の算定期間は保険者の判断

 

投稿日 : 2020-06-24

 

■新型コロナ減免制度で全額免除ぞくぞく  25万円の減免も                               国保・後期高齢者医療・介護保険料の減免  札幌北区守る会相談会

■収入減による国保料(税)減免の算定期間は1ヵ月で 新型コロナ減免制度で道に要請
道は「市町村の判断」と回答

ほっかいどうの社会保障20020624

 

1
  1

「子どもの命を助けてください」 新型コロナウイルス感染が終息しない中、重症患者・重度障害者の移転計画を延期して

 

投稿日 : 2020-06-20

 

■国立病院機構八雲病院移転計画 新型コロナウイルス感染が終息しない中、重症患者・重度障害者を八雲から札幌・函館・帯広への移送はやめて

国立病院機構は、8月上中旬に予定通り、患者の移送をすすめようとしています。そのリハーサルは6月23、24日です。移転先の一つである札幌の北海道医療センターまでは245キロ、6時間以上かかります。免疫力が低く、安全かつ感染リスクを避けて移送することは難しいと、患者の家族から心配の声が寄せられています。

■27日は北海道社保協総会  新型コロナウイルス災害について各分野から特別報告

ほっかいどうの社会保障200620

 

1
  1

生活・営業が大変 深刻な相談・制度の問い合せも 各地で 相談会、制度活用のための学習会

 

投稿日 : 2020-06-18

 

■6月も各地で相談会や制度活用のための学習会が行われ、深刻な相談や制度の問い合せが寄せられています。
各地で制度を学び、相談活動を広げましょう。
■今後も、札幌や十勝で予定されています。

ほっかいどうの社会保障200618

 

1
  1

新型コロナウイルス感染症対応と道民のいのちと健康を守る地域医療の充実を

 

投稿日 : 2020-06-12

 

6月10日、地域医療と公立病院を守る道連絡会は北海道に対して、地域医療を守ることを求めて要請しました。

■公立・公的病院の再編統合を中止し地域医療を守れ ・自治体意見書は46議会に

■新型コロナウイルス感染対策の強化  いのちと健康を守る医療機関の経営を守れ!

ほっかいどうの社会保障200612