〒001-0014 札幌市北区北14条西3丁目1-12 北海道民医連会館1階

TEL 011-758-2648・€FAX 011-758-4666

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1
  1

休業協力・感染リスク低減支給金を早く支給するように北商連が北海道に要請

 

投稿日 : 2020-05-08

 

北海道が、休業要請期間を延長しましたが、 休業協力・感染リスク低減支給金を
早く支給するように北商連が北海道に要請しました。

○北海道の支援金についてのURL
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/sienkin.htm

■事業者の深刻な実態と切実な声を紹介しています。

「知事は、私たち事業者がどんな思いで休業要請に応えてきたか、わかっていません」

ほっかいどうの社会保障20200508

 

1
  1

新型コロナウイルス災害  各地で電話相談会 

 

投稿日 : 2020-05-01

 

各地で相談会・相談活動が行われ、深刻な相談が寄せられています。今ある制度の活用と改善させる取り組みが重要になっています。 帯広は4月28日、道生連本部は毎日 電話相談会が行われ、深刻な相談が寄せられました。

■帯広では、「新型コロナSOS緊急そうだん110番」が、午後1時半から午後7時まで行行われ、30人から商売・労働・生活相談が寄せられました。

■道生連道本部では、本部事務所周辺の約3400戸を宣伝地域として、11人で「なんでも相談会」のチラシを配布しました。ビラ配布後、連日、相談の電話が鳴っています。

■5月2日、3日、さっぽろ青年ユニオンが 電話相談会を行います。13時から20時 080-3262-6023です(無料)
周りの方にもお知らせください。

ほっかいどうの社会保障20200430

道生連配布チラシ













 

1
  1

新型コロナウイルス災害 深刻  過去最大の相談件数

 

投稿日 : 2020-04-21

 

■新型コロナウイル感染で、補償のない自粛要請、休校などで困っている人がたくさんいます。18、19日、「いのちとくらしを守るなんでも相談会」が、全国31か所で取り組まれ、18日は札幌と函館でも相談ダイヤルを開設。札幌会場には204件、函館会場には65件、全国で5000件の相談が寄せられました。

■4月14日、雇用・くらし・SOSネットワークは「くらしのSOS なんでも電話無料相談」を行い、「売り上げが減って事業が継続できない」などの相談が寄せられ、弁護士をはじめ勤医協のソーシャルワーカーなどが相談を受けました。

■生活保護 1人10万円の特別定額給付金  収入認定されません。

ほっかいどうの社会保障20200421

 

1
  1

「住居を失ったり、ネットカフェでの生活、家賃を払えない学生など 生活困窮者への住宅等の制度強化を!」

 

投稿日 : 2020-04-16

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う生活困窮者への

住宅等の制度強化についての緊急要望書を札幌市へ提出

4月16日、雇用・くらし・SOSネットワーク北海道や道生連、札幌社保協、札幌地区労連、道社保協が、札幌市に対して、新型コロナウイルス感染拡大に伴う生活困窮者への住宅等の制度強化について緊急要望しました(8項目)。
感染症拡大で、大規模な経済活動の停滞が予想され、ネットカフェなどの民間商業施設で生活する方は収入を失い利用料金を払えなくなる場合や、当該施設が営業停止した場合などで行き場を失う可能性が高く、現に仕事を失っている労働者や雇い止めや減収になった学生をはじめ非正規雇用者等も、今後住宅費等を払えず、住居等を失う可能性が高まっています。

詳しくは添付のニュースをご覧下さい。
ほっかいどうの社会保障(200416)

 

1
  1

「一人で悩まないで!新型コロナウイルス災害!くらしのSOS」相談会が開かれます。

 

投稿日 : 2020-04-13

 

暮らしが大変になっています。低賃金、失業に加え、年金や生活保護の減額も続いています。昨年10月から消費税が増税されました。解雇や長時間労働、サービス残業、パワハラなど労働法制を無視した職場も広がり、高学費や有利子の奨学金の返済も生活を脅かしています。

医療・介護保険料も高く、払えない人が増えています。また、高い医療費や介護費用のため必要な制度が利用できず、手遅れ死や介護心中なども起きています。
その上、連日の報道の通り、新型コロナウイルス感染症の影響による休校・外出自粛などで、収入が減少し、消費者・事業者を問わず、家計における生活資金が逼迫、枯渇する現象が多数生じています。
下記の日程で無料電話相談会を行います。当日は、弁護士、司法書士をはじめ生活、医療・介護、子育て・教育、労働、債務などの専門家が無料で相談に応じます。

詳しくは添付のニュースをご覧下さい。
ほっかいどうの社会保障(200413)

 

1
  1

北海道後期高齢者医療制度広域連合感染症対策で、傷病手当金の支給へ!

 

投稿日 : 2020-04-08

 

厚生労働省は、都道府県後期高齢者医療広域連合に、国民健康保険と同様「新型コロナウイルス感染症に感染した被用者等に対する傷病手当金の支給について」の事務連絡を発信しました。4月6日、北海道社保協は、北海道後期高齢者医療広域連合に対して、傷病手当金を支給することなど要望しました。

詳しくは添付のニュースをご覧下さい。
ほっかいどうの社会保障(200406)

 

1
  1

国民健康保険加入者の傷病手当金の創設を!

 

投稿日 : 2020-04-03

 

感染症対策で国が財政支援 北海道に要請・懇談

厚生労働省は、都道府県に対し、管内市町村や各国民健康保険組合に「新型コロナウイルス感染症に感染した被用者等に対する傷病手当金の支給について」の事務連絡を発信しました。

4月3日、北海道社保協・道労連・道民医連・北商連・道生連は、北海道に対して、市町村が傷病手当金を創設するように働きかけることなど要望しました(懇談の主な内容と厚労省通知)。

詳しくは添付のニュースをご覧下さい。
ほっかいどうの社会保障(200403)

 

1
  1

消費税減税・社会保障の充実を!4.1宣伝署名行動

 

投稿日 : 2020-04-01

 

消費税・コロナウイルスで家計は大打撃!!

4月1日昼、札幌市大通公園で、消費税減税と社会保障の充実を求めて、宣伝署名行動を行いました。(消費税廃止北海道各界連と北海道社会保障推進協議会などの共催)。4月1日は、消費税が導入された日で、今年で32年目。また、消費税増税の理由にされた社会保障は改悪続きで、後期高齢者医療制度の創設など、社会保障制度が改悪された日でもあり、毎年行動しています。

詳しくは添付のニュースをご覧下さい。
ほっかいどうの社会保障(200401)

 

1
  1

新型コロナウイルス感染問題 北見市が資格証世帯に短期証発行

 

投稿日 : 2020-03-24

 

北海道社保協は、国民健康保険加入世帯の健康管理と感染拡大防止の立場から、経済的理由で医療機関への受診が抑制されることがないように、3月6日の札幌市への要望に続いて、3月10日、北海道に対して要望しました。

重症化を防ぐために、資格証世帯に短期証発行
北見市は、新型コロナウイルス感染拡大対策として 国民健康保険の資格証明書が発行されている340世帯400人に対して、2月28日、3、4月分の2ヵ月の短期証を郵送しています。
SARSウイルスの流行の際にも、資格証明書発行世帯に対して、医療にかかることを控えて重症化することを防ぐために、同様の措置をとりました。帰国者・接触者センターへのアクセスに関わらず、短期証で医療機関にかかることができます。北見市は、4月末以降の対応については、その時点での状況を見て判断するそうです。

手洗い優先のため、水道料金滞納世帯の給水停止を解除も
帯広市では、短期証は留め置きせず、4月からの保険証も全件郵送交付しています。また、水道料金滞納世帯への給水停止もありましたが、手洗い優先のため2月で給水再開しました。

詳しくは添付のニュースをご覧下さい。
ほっかいどうの社会保障(200324)

 

1
  1

北海道後期高齢者医療広域連合事務局と懇談・要請!

 

投稿日 : 2020-03-21

 

高齢者の命と健やかな生活を守る制度に改善を

新型コロナウイルス感染で被害が拡大しないように緊急要請
3月18日、北海道社保協は、北海道後期高齢者医療広域連合事務局と懇談し、高齢者の命と健やかな生活を守るため、保険料、一部負担金、健康増進活動など、制度の改善を求めました。特に、新型コロナウイルス感染で被害が拡大しないように、保険料の減免や支払猶予、短期証の郵送、一部負担金減免の周知と適用拡大について求めました。

詳しくは添付のニュースをご覧下さい。
ほっかいどうの社会保障(200321)